VIVANTジャミーンとテントの関係は?「奇跡の子」の正体とは?

スポンサーリンク

VIVANTにてジャミーンのことを「奇跡の子」と数回いう場面がありましたが、この言葉は一体何を指すのでしょうか?

今回はジャミーンとテントの関係性や、「奇跡の子」の正体について考察します。

この記事で分かること
  • VIVANTジャミーンはキーパーソン
  • VIVANTはテントの関係者
  • VIVANT「奇跡の子」とは
  • VIVANTの言葉の意味を振り返る
目次
スポンサーリンク

VIVANTのジャミーンはキーパーソン?

VIVANT1話から登場しているジャミーンは最終回目前にして、物語のキーパーソンのような気がします。

砂漠で乃木を拾い、父親のジャミーンと薫に治療してもらったのが初登場シーン。

未だ薫が献身的に守っている理由が明確になっていませんが前に言っていた家族という感覚だけなのでしょうか?

というよりこの物語って全てにおいてジャミーンが存在しないと成り立っていないんですよね

はじまってないんですよ!!

スポンサーリンク

VIVANT9話のモニターは誰か

VIVANT9話で別班メンバーの生存の動画をテントに送ったモニターは誰なのかということについて色々言われていますが、この病院って日本ですよね。

他の患者さんや病院関係者的に。

薫、ドラムと色々考察されていますが。

そしてちょっとタイミングが良すぎる気がするのが怪しいと思うのは私だけですか?

そもそもこの人物は本当にモニターなのかとか疑問が出てきます。

乃木の罪を着せ様とし過ぎてる。

もしかしてだけど野崎ではないでしょうか?

乃木、薫、野崎、ドラムの4人において、唯一ジャミーンが懐いていない人物だからです。

VIVANT1話で父親のアディエルが「良い人を見分けることができる」ということを言っていました。

これがまさに今意味を成すのではないかなと思いますね。

そしてハリーポッターのスネイプの伏線もここで意味を持つのかなと。

スネイプ先生は二重スパイという役割を担っていました。

最初は乃木が二重スパイでテントに入るという意味だったのかなと思ったんですが、そもそもハリーポッターを渡したのは野崎なんですよね。

だからより野崎=二重スパイなのかな?というのも怪しいと感じるところなわけです。

そしてもう1つポイントがあり、生き残りの別班メンバーの顔をこのモニターは知っていたという点です。

任務について別班メンバーたちでさえお互い乃木と黒須以外は初対面でした。

なのにただのモニターが顔を的確に知っているわけがないんですよ!!

このメンバーの顔を知っている人物は、任務を出した別班の司令の櫻井か、遺体(と思われていたもの)を回収した野崎の二択となってきます。

バルカ警察を入れると増えますが、日本の病院で撮影は難しい気がしますのでこの説は排除します。

どの視点から見ても怪しいのは野崎一択になってしまうわけです。

スポンサーリンク

ジャミーンはテント関係者なのか

ジャミーンのテントとの関係はVIVANT9話にてベキの口から語られたエピソードから、アディエルとは家族のような関係であることが分かっていますが、父親は組織に入っていないとのことですので元関係者の娘です。

薫は以上にジャミーンの近くにいるのが疑問ですが・・・。

もし、ジャミーンの母親が薫ならば説明が一気につくんです。

単純に母として娘のジャミーンを守ろうとしているのかもしれません。

ただ、しゃべれないとアディエルが嘘をついたのもまだ解けてない謎なわけですが。

これって誰に喋れることを知られたくないのかがポイントですよね。

乃木、薫間のLINEにおいては喋れることを知っているような書き方なためこの2人ではない。

とするとドラムか野崎なわけです。

でもジャミーンはドラムとは仲が良い気がしますので、やはり野崎?

スポンサーリンク

VIVANT「奇跡の子」とはいったい何か

VIVANTにてジャミーンを奇跡の子と呼ぶ場面がありましたが、このドラマって乃木ではなくジャミーンを中心に回っている気がするんですね。

ジャミーンに会わなければ乃木は砂漠で死亡していたかもしれませんよね?

そしたらVIVANTという作品はそこで終了し、何も始まらず人知れず終わるわけです。

【すべての運命を繋ぎ合わせる】これがジャミーンを「奇跡の子」と呼ぶ所以ではないでしょうか。

ただこれは本人の意識しての行動なのかと、そのことを身近にいた薫は知っているのかは分かりませんが。

スポンサーリンク

VIVANTという言葉の意味を改めて振り返る

VIVANT9話まで視聴して、Beppanの呼び方がバルカ共和国の国の人の発音でヴィヴァンという説が当たり前のようになっていましたがこの言葉はジャミーンが起こした奇跡のことを言うのかもしれません

VIVANTという言葉自体はフランス語で「生きている」「騒がしい」でした。

この意味ってジャミーンに出会ったことによって現状の物語があるわけですから、VIVANTはジャミーンの不思議な力のことを言う可能性が高い気がします。

スポンサーリンク

まとめ

  • VIVANTという物語はそもそもジャミーンが乃木を砂漠で発見していないと何も始まっていない
  • 別班の生存者を知らせたモニターは野崎の可能性がある
  • ジャミーンが懐かない、二重スパイ説、別班メンバーの顔を知っているこの3つが揃っているのが野崎のため
  • ジャミーン自体はテント関係者ではなく、父が創設時にベキと一緒にいてその娘という立ち位置
  • アディエルはジャミーンは喋れないと言っていたのにおそらく喋れるけれど隠しているのは、誰かに知られたくない(薫、乃木は知っている様子)
  • 「奇跡の子」の意味はおそらくジャミーンを中心に物語が進んでいるから
  • VIVANTという言葉ももしかしたらジャミーンを指す可能性がある
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


コメントに日本語が含まれない場合は表示できません。(スパム対策)

目次